読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

ドロミテ2日目

爽やかに晴れた2日目の朝は、フロンティーニファミリーと総勢8人ワゴン車に乗ってパッソ・ポルドイへ。
f:id:pacifica:20160821045922j:image

夏のドロミテは人気のバカンススポットらしく、車が混んでる。

いろは坂並みのくねくね道を上って行き、到着!
f:id:pacifica:20160821051726j:image

ハイジが住んでそう。ちなみに一緒に行ったファミリーの愛娘(車で私の後ろでピースしてる子)の名前はクララ。

f:id:pacifica:20160821051805j:image

ここからさらにロープウェイで標高約3000メートルのサス・ポルドイまで上がる。

f:id:pacifica:20160821052903j:image

待っていたのはこの絶景。
f:id:pacifica:20160821052950j:image

この高さまで歩かずに車とロープウェイだけで来られることにビックリ。そのせいか、ノースリーブのワンピースにヒールと言う姿で来ちゃった女性なんかも見かけた。陽射しは強いけど、ロープウェイを上がったら薄手のダウンが要る寒さ。
f:id:pacifica:20160821053037j:image

ちなみにロープウェイ乗り場には、1902年にこの地に来る旅人達を受け入れるための山荘を開き、ロープウェイ建設でドロミテの観光化のパイオニアとなった1877年生まれの肝っ玉マリア・ピアツの像が置かれていた。ポルドイの母と呼ばれていたそう。
f:id:pacifica:20160821185138j:image

ここでもパラパントができるらしい。気持ちいだろうなぁ。
f:id:pacifica:20160821053122j:image

岩だらけの場所に、小さな高山植物?も咲いていた。健気だわ。
f:id:pacifica:20160821060851j:image

ここでは日本人のグループも見かけた。日本でも有名なところなのね。

別荘に戻り、ラテマールを望むテラスで一服して帰路に着いた。
f:id:pacifica:20160821055809j:image

マルコファミリーは残ってさらに数泊。私達は一泊二日だったけど満喫のプチ旅行。次回は冬にスキーしに行きたいな。