読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

旅の続き アブルッツォ

2日目はカステッルッチョを後にして、アブルッツォのカンポ・インペラトーレへ。かつてはマカロニウェスタンの撮影が行われていたそうな。

f:id:pacifica:20160719183238j:image

雲の間から差し込む陽射しで、景色に明るい色が塗られる。
f:id:pacifica:20160719183256j:image

さらに車を走らせて向かったのは同じくアブルッツォの山中にある町スカンノ。標高1,050m。
f:id:pacifica:20160719183901j:image

ここでは真っ青な空に恵まれた。
f:id:pacifica:20160719184010j:image

f:id:pacifica:20160719221941j:image

起伏の上に作られたこの町は坂が多くて、魔女の宅急便を思い出した。
f:id:pacifica:20160719184258j:image

f:id:pacifica:20160719184429j:image

坂の上の教会に向かう黒服のおばあちゃん達。ミサが男性用の、女性用で分かれているらしい。

アンリ・カルティエブレッソンの写真で知られるようになったこの町は、最近まで伝統的な黒い衣装で生活する人が多かったそう。圧縮ウールのプリーツスカートは重さ15kg。今では普段からこの重〜い衣装を纏うのは7、8人の老婦人だけとなり、年に数回のお祭りの時に地元の若者達が青い華やかな衣装を身に付けるそう。日本の着物と同じような感じかな。

ツバメが飛び交う青空に心が晴れ晴れするスカンノでした。