読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

コロラトゥーラの歌姫

 親友やっちゃんの待ちに待ったコンサートが土曜日に開催された。
それもVilla Mazzacoratiという1700年代の建物の中にある劇場で、クラシックからジャズまで多彩な顔を持つヴァイオリニストとの共演。
f:id:pacifica:20160509212954j:image

f:id:pacifica:20160509211427j:image

これはリハーサルの写真。
ヴァイオリンのマルコ・サンティーニ氏とは「さくら」と彼作曲でローマ法王から讃頌の言葉を受けたという「Il Cristo delle Marcheマルケ州のキリスト」の2曲を共演。

オペラや日本の民謡を中心に、やっちゃんの細い体のどこからそんな声が出るの?と誰もが驚く、心に迫る歌声を披露してくれた。
f:id:pacifica:20160509212750j:image

f:id:pacifica:20160509212819j:image

中でもNon ti scordar di me忘れな草が心に響いた。

一方、ヴァイオリンのマルコはオリジナル曲を中心に、全身を使った力強い演奏で観客を大いに巻き込んだ。
f:id:pacifica:20160509220709j:image

定員80人ほどの小さく美しい劇場で、あっという間にアンコールを迎えた、充実のコンサートだった。
やっちゃんはこの夏、鹿児島、東京、そして台北でコンサートを控えてる。多くの人に彼女の歌声が届きますように。