読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

Caffè macchiato

Caffè macchiati

多くのイタリア人が海外でも恋しがるのがエスプレッソコーヒーです。イタリア料理は食べなくても過ごせるけど、飲みなれたエスプレッソはつい欲しくなるようです。幸い日本ではドトール、プロント、スターバックスなどセルフのコーヒーショップで本格的なエスプレッソを出しているので、それで解決できます。海外では日本以外で美味しいエスプレッソを飲んだことがない、とみんな口をそろえて言います。イタリアのお隣、フランスでもエスプレッソらしいエスプレッソは飲めないので、はるか遠い極東で美味しいエスプレッソが飲めるのはありがたいはずです。
ただ、今までうすうす気付いてはいたんだけど気づかない振りをしていたというか、あまりわがままは言うものじゃないなとあきらめていたことが、今回メーカーの人といろんなコーヒーショップを利用して、無視できない事実となりました。(それほど大ごとではないのですが…)
問題の焦点はカフェ・マッキアート、またはエスプレッソ・マッキアート。承知の方もいるかもしれませんが一応説明します。マッキアートとは「染みのついた」という意味で、カフェ・マッキアートとはエスプレッソコーヒーにミルク(ポーションミルクではなく牛乳)が少し入ったものです。ミルクはお好みで温かいフォームミルクか温めていないミルクを入れてもらいます。紅茶を頼むとレモン、ミルク、ストレートを選べるように、イタリアではエスプレッソを頼むとオプションのような感じでマッキアートにしてもらえます。
日本のコーヒーショップでもセガフレードスターバックスではエスプレッソとは違う値段設定でメニューにマッキアートがあるのですが、メニューに存在しないところもあります。そこで「エスプレッソコーヒーにミルクを少し入れてください。」頼むと、たいていレジの人は一瞬固まって、以外にも簡単にはOKしてくれないのです。牛乳を置いてないところでは、ポーションミルクを使うように言われて終わるのですが、牛乳のあるお店では「できるけど、(マニュアル上?)難しい。」みたいなことになってしまうのです。
かなり以前イリーコーヒーを扱う喫茶店でミルク入りエスプレッソを頼むと、ウェイトレスさんの顔が真っ赤になり「ただ今聞いてまいります。」と切羽詰ったようすで答えるので、「できないなら結構ですよ。」と言いましたが厨房に飛んでいってしましました。しばらくして戻ってくると詳しい説明を求められ「承知しました。お待ち下さい。」といって更にしばらく待った記憶があります。時間はかかりましたが結局お願いしたとおりカフェ・マッキアートを持ってきてくれました。
別のコーヒーショップでは同じくミルク入りエスプレッソを頼むと、レジのお兄さんが一瞬考えて「そうしますと、カフェ・オレになりますが宜しいでしょうか?」と答えました。・・・・・「・・いえ、カフェ・オレではなくてエスプレッソに少しミルクを入れて欲しいだけなんですけど」と返答すると、相手は更に少し考え困った顔をしてこう言いました。「わかりました。本当はできないんですけど、特別にお出しします。」えー、僅かなミルクがそんなに一大事なんですか???
結果的には頼んだものを出してくれたので良かったのですが、こんな反応されるとこっちがびっくりしてしまいます。簡単なようで高度なマッキアート。いや実は簡単だけど、メニューにないのでお店の人をパニクらせてしまうマッキアート。こんなエピソードを経て今回一緒だったイタリア人とイタリアン・バール講座でも開催しようか、と話しておりました。そろそろチェーンのコーヒーショップもステップアップしてマッキアートをメニューに載せてみませんか?カプチーノほど重くなくて、食後にも美味しいですよ。