読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

花盛り

何年海外に住んでいても、日本人である限り決して失うことのないもののひとつが花を愛でる心だと思います。もちろんここで言う「花」は春の代名詞である桜のことです。イタリアで日本のお花見の話をすると大抵のイタリア人はびっくりします。「日本」のイメージの中にハイテク、アニメ、禅、侍、盆栽はあっても、日本独特の「風流」というのは知られていないようです。同時に外国へ出て初めてそれが日本独特のものだと知ったようにも思います。以前イタリアの高級下着ブランドLA PERLAの雑誌でボローニャで活躍する日本人女性4人へのインタビュー記事がありましたが、全員が日本の美のひとつとして「桜の美しさ」に言及していたのが印象的でした。満開の桜に立ったときの心が洗われるような気持ち、散り行くときの切なさは私たちのDNAに刻まれているのでしょうか。
そんな日本人の心を知る友人が私と私の母のためにと写真を撮ってきてくれました。
  
友人の会社の裏の木が花盛りになり、同僚のみんなと感動して眺めていたとか。よくよく調べると桜ではなく梅の花の一種だそうですが気は心です。花を見て私のことを思い出してくれたことが嬉しくてなりません。

こちらは今日公園で取った桜の写真です。暖かい日曜日とあって人で溢れかえった公園で、小さな木々に白に近い淡いピンクの花がヒラヒラと優雅に咲き誇っていました。こちらは正真正銘の桜です(たぶん…)。

さくら

さくら