読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアの空 ...di pacifica

イタリア、ボローニャからの日々を綴ります。

ドロミテ一泊旅行

ロイアーノのご近所さんマルコファミリーに誘われて、車でドロミテへ。

ロイアーノから約4時間、最初の目的地モエナに到着。プッツォーネというくさ〜いチーズが有名な町。おとぎ話に出てきそうな街並み。
f:id:pacifica:20160821041502j:image

ここで友達と合流してランチ。
f:id:pacifica:20160821043409j:image

腹ごなしした後、カレッツァ湖の近くのお友達の別荘にお世話になる。
f:id:pacifica:20160821043129j:image

そして腹ごなしに湖までお散歩。
f:id:pacifica:20160821044305j:image

辿り着いたのは、ハッとする程美しい色の湖。
f:id:pacifica:20160821043803j:image

山だけあって、晴れ渡った空が急にグレーの雲に覆われてきた。帰り道は早足で!
f:id:pacifica:20160821044512j:image

車で買い物に出た途端に土砂降りの雨に見舞われて、
f:id:pacifica:20160821045029j:image

あ、虹!!!
f:id:pacifica:20160821044824j:image

最近の収穫


例の放ったらかしの菜園、それでも収穫をもたらしてくれる。

f:id:pacifica:20160725041649j:image
トロペアという名の赤玉ねぎは辛味がなく生で食べると美味しい。オーブンでじっくり焼いても美味。お義父さんが捨てようとしていた青ネギの部分はズッキーニと一緒に炒めてキッシュに。

茹でたインゲンとジャガイモ(これも菜園から)でシンプルなホットサラダ。
f:id:pacifica:20160725042213j:image

ゴツゴツの赤カブも火を通したら柔らかく、少し苦味が残って悪くない。
f:id:pacifica:20160725042433j:image

家の外にはブラックベリーが熟し始めて、早速2kg収穫⇨種が口に残らないように濾してジャムに。
f:id:pacifica:20160725042749j:image

後はキノコが復活してくれたら言うことないんだけどなぁ。

旅の最終地 トスカーナ

アブルッツォの後は山を下って、高速を北上。途中ウンブリア州を通って、トスカーナのオルチャの谷を目指す。

夕食に訪れたのはこの町。
f:id:pacifica:20160724183942j:image

懐かし感に合う触れる金物屋さん?ちょっと前まで東京でも商店街にこんなお店あったよな。
f:id:pacifica:20160724184836j:image

ここでアナログ写真ギャラリーを見つけて、写真家ドミニクと写真談義に花が咲いてしまう。
f:id:pacifica:20160724184712j:image

夕飯はドミニクのおすすめのお店で。小路に出る裏口が素敵。トリュフで和えたそば粉のパスタが最高だった。
f:id:pacifica:20160724185008j:image

翌日は美しい景色を求めてクレテ・セネージを車で回る。

途中で出会ったのが綺麗に手入れされた小さな集落。ルチニャーノ・ダッソ
f:id:pacifica:20160724185228j:image

f:id:pacifica:20160724190409j:image

f:id:pacifica:20160724190617j:image

更に車を走らせて、ひまわり畑で休憩。
f:id:pacifica:20160724190734j:image

糸杉のある景色。
f:id:pacifica:20160724190759j:image

州によって、景観が変わるイタリア。今回は3つの州を回って、それぞれ自然と昔ながらの街並みを楽しんだ。

FMX フリースタイルモトクロス

ロイアーノ近くビザーノでフリースタイル!
f:id:pacifica:20160722063248j:image

旅の続き アブルッツォ

2日目はカステッルッチョを後にして、アブルッツォのカンポ・インペラトーレへ。かつてはマカロニウェスタンの撮影が行われていたそうな。

f:id:pacifica:20160719183238j:image

雲の間から差し込む陽射しで、景色に明るい色が塗られる。
f:id:pacifica:20160719183256j:image

さらに車を走らせて向かったのは同じくアブルッツォの山中にある町スカンノ。標高1,050m。
f:id:pacifica:20160719183901j:image

ここでは真っ青な空に恵まれた。
f:id:pacifica:20160719184010j:image

f:id:pacifica:20160719221941j:image

起伏の上に作られたこの町は坂が多くて、魔女の宅急便を思い出した。
f:id:pacifica:20160719184258j:image

f:id:pacifica:20160719184429j:image

坂の上の教会に向かう黒服のおばあちゃん達。ミサが男性用の、女性用で分かれているらしい。

アンリ・カルティエブレッソンの写真で知られるようになったこの町は、最近まで伝統的な黒い衣装で生活する人が多かったそう。圧縮ウールのプリーツスカートは重さ15kg。今では普段からこの重〜い衣装を纏うのは7、8人の老婦人だけとなり、年に数回のお祭りの時に地元の若者達が青い華やかな衣装を身に付けるそう。日本の着物と同じような感じかな。

ツバメが飛び交う青空に心が晴れ晴れするスカンノでした。

Catelluccio di Norcia

レンズ豆の栽培で知られ、6月の末からが開花シーズンだというカステッルッチョを訪れた。今年は涼しいせいか開花が遅れ、ケシの花とヤグルマギクという青い花がちょうど咲き頃だった。
f:id:pacifica:20160715045903j:image

f:id:pacifica:20160715050827j:image

そして母と一緒に高台へ。
f:id:pacifica:20160715051356j:image

いちにの
f:id:pacifica:20160715051453j:image

さーん!
f:id:pacifica:20160715051536j:image
で、母が飛んだ!

それに続いて私も!
f:id:pacifica:20160715052048j:image

飛ぶというより浮いてる感じ。ふわ〜。
f:id:pacifica:20160715051821j:image

パラパントのために行ったわけではなかったけど、成り行きで飛ぶことに。気持ち良かった〜!もちろんインストラクターと一緒、30分ぐらいフワフワ。最高。

翌朝はカステッルッチョの村から見下ろす景色は霧がかかって幻想的。
f:id:pacifica:20160715052757j:image

この時期沢山の人が訪れるこの村、冬場は住民の数はわずか10人だそう。

自然生活

種蒔きをしてからほったらかしてあった菜園だけど、6月を過ぎた頃から野菜ができてきた。最初はサラダ菜、水菜、それにちょっと苦いラディッキオ。全部ミックスでサラダに。
f:id:pacifica:20160703043918j:image

それに道端に生えているストリゴリを摘んで、
f:id:pacifica:20160703044402j:image

みんなで食べられる葉っぱを取る。葉は炒めてパスタに和えて食べる。

ズッキーニも大きくなってきた。まずは雄花から頂く。花は中にリコッタと刻んだ生ハムを詰めてオーブン焼きに。
f:id:pacifica:20160703044746j:image

グリンピースも食べきれないぐらい育ち、みんなでせっせと鞘からかわいい豆を取り出す。
f:id:pacifica:20160703050737j:image
グリンピースはナポリ風パスタにして頂いた。甘みがあって優しい味。

ちづちゃんの森にお邪魔して胡桃の実を取る親子。
f:id:pacifica:20160703045847j:image

舅はこれで胡桃のリキュール、ノチーノを作る。

自分たちで摘んだ採りたての野菜はそれだけで文句無しに美味しい。